過去掲載紙に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。
30年の変化がもたらした勝敗 アイデア次第で新たな可能性(2019年3月18日発行 第2021号)
▼ 平成が終わろうとしている。この30年間はどんな時代だったのか。建設業界の場合、平成4年に建設投資のピークを迎えたあと、平成8年に最後の山があり、以後、平成22年までずっと下り坂が続いた。労働生産性をみても、平成初期は製造業と同等だったが、近年は大きく引き離されている。その製造業すら、かつての輝きはない。日本の製造業の労働生産性は米国の約7割で、OECD31か国中15位というレベルだ。
(続きは日本塗装時報 第2021号をご覧ください)

新しい在留資格制度が創設 外国人材の受入拡大に対応(2019年1月18日発行 第2019号)
▼昨年末、入管法改正案が成立したことにより、来年度から外国人材の受け入れ拡大が進むことになった。日塗装でも対応を急ぐことになり、来年度の重点施策案の「技能の継承および人材確保」の項目に「外国人材を含む」との文言を追加したほか、基本方策対応特別委員会での検討を盛り込んだ。
(続きは日本塗装時報 第2019号をご覧ください)

若者を離職させない方策はあるか できることから一歩ずつ改善を(2019年2月18日発行 第2020号)
▼ 建設業の就業者は1997年の685万人をピークに減り続け、2012年以降ほぼ500万人前後にとどまっている(総務省・労働力調査)。ただ、平均年齢は毎年上がっており、他産業に比べても若い人の比率が極めて低い。これが業界の最大の懸案であり、解決しなければならない喫緊の課題だ。現状でも人手不足なのに、このまま高齢化が進むと、近い将来には、産業として立ち行かなくなるのではないか。新卒者を確保するのは年々難しくなってきており、またせっかく入職した人もすぐ辞めてしまうケースが多い。その原因は何か。
(続きは日本塗装時報 第2020号をご覧ください)



ホーム>コラム「だめひろい」